忍者ブログ
テーマは主に旅先で出会った風景や生き物たちの写真と創作短歌。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

当サイト掲載作品は転載禁止です。
© qookaku

    • 風景系が多いですがポートレート撮影もたまにやります☆
      http://qookaku.blog.shinobi.jp/Category/8/
      (※ いちばんのお気に入りは 蛍舞う中撮った作品 と 巾着田での作品
    • プリント写真の販売も行っております。
      圧縮前のデータとエプソンのハイエンド機を使うことで高クオリティの出力が可能です。
      金額・問い合わせ先等詳細は 「こちら」 をご参照ください。
    • ギャラリーのご案内:
       ギャラリー①(携帯写真専門)はこちら
       ギャラリー②(デジカメ専門)はこちら


《お報せ》

【受賞につきまして】

2017年3月5日、
新宿御苑フォトコンテストにて、
私の「深紅の千羽鶴」という作品が
グランプリ(環境大臣賞)をいただきました!
主催:一般社団法人 国民公園協会新宿御苑、
後援:環境省新宿御苑管理事務所、
協力:富士フイルムイメージングシステムズ
により、平成3年より開催されている今回で26回目となる
歴史あるコンテストです。
今回、北海道から鹿児島までの日本全国のカメラ愛好家、
新宿御苑愛好家から応募された数千点の応募作品の中から
41の優秀作品が選出され、そのトップの栄誉を
いただくことができました。
去年に続き、栄えある賞をいただきたいへん光栄であり
今後の励みとしてこれからも精進していく所存でございます。


2016年3月24日、内閣官房・内閣府主催の

 伊勢志摩サミット「世界に届けたい日本」フォトコンテストにて
私の「錦秋の秘滝」という作品が優秀賞をいただきました!
なんと、17,000人以上の応募者からの選定とのことです。
このような形で同サミットに貢献できることを光栄に思います。
今後も精進いたしますので、変わらぬご愛顧と
ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

  
【作品非表示化につきまして】
2016年より諸々の考え、目的により
当サイトに掲載していた記事、作品を一時的に非表示化いたします。
しばらくは、こちらのお知らせ箇所のみ更新いたします。
PR

[ ]


万象の詞 ~カミガミノコエ~
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
オススメ
「百物語」(杉浦日向子) 懐かしき江戸情緒を簡易に楽しみつつ不思議な気分に浸れる独特な演出の一冊。
最新コメント
[11/05 空殻]
[11/05 たかはしみちよ]
[10/29 空殻]
[10/28 すう]
[08/12 空殻]
[08/09 ねね]
[07/27 空殻]
[07/15 すう]
[02/11 空殻]
[02/10 すう]
最新記事
(12/31)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
写真家 空殻
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1977/06/20
職業:
映像関係(営業事務。管理系)
趣味:
作曲、ピアノ、写真、短歌(和歌)、アウトドア、フィットネス
自己紹介:
帰国子女、実家はロス・・・でしたが2010年8月以降茂原に移動。日本が好きで数年前、単身日本に戻ってきました。本業の片手間で写真家やってます。
もともとは積極的に旅行とかするほうではなかったのですが、思いつきで撮った写メがきっかけで旅先で風景写真を撮るのがライフワークみたいになってきました。休日になると「必殺の一枚」を求め各所を撮り歩いています。

○「必殺の写真」というコンセプトについて:
風景、人物、花、虫、夜景、蛍、祭、行事、スポーツ…
ありとあらゆる現象と存在の中心には「魂」があります。
私はそれをえぐり出して写真というメディアに封印します。
こちらのサイトの命題、それは彼らの魂を封印した、「必殺の写真」です。



一首。
「万象の詞」(カミガミノコエ)
鬼翠 究むる姿の奇しく 意を傀る 万象の詞
訓:おにみどり きわむるさまのうつくしく こころをしばる かみがみのこえ
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
(12/31)
アクセス解析
カウンター
オススメ
オススメ
オススメ
「君へ」(鳳山雅姫) こんなにいい歌なのにカラオケにないのが残念・・・PVを見たら感動します。
オススメ
「水脈」(新井幸人) 大好きな写真スタイル。最初に図書館で見かけたとき自分の撮る写真にすごくよく似ていると思ってドキッとしました。